最新のD2Cビジネス情報

アクリルキーホルダーを小ロットから作れる制作会社とポイントをご紹介

更新日:2022年3月8日

小ロット生産のメリットとは?

小ロット生産のメリットは下記2点です。

 

  • 受注者のニーズに合わせられる点
  • 商品の在庫を少なく抑えられる点

 

商品を一定数まとめて作成依頼をするロット生産は、大ロットと小ロットに分かれており、それぞれ利点が異なります。

 

大ロットは小ロットの対象となるメリットを持ち合わせていますので、本記事では小ロットのメリットに注目して解説します。

 

特にアクリルキーホルダーは、小ロットで制作依頼をするメリットが多いため、しっかりと小ロット生産のメリットを理解しておきましょう。

 

小ロット生産についてもっと詳しく知りたい方は「【小ロット生産とは?】大ロット生産との違いや小ロット生産に適した商品を紹介」をあわせてご覧ください。

受注者のニーズに合わせられる点

受注者のニーズに合わせられる点は、小ロット生産の大きなメリットといえるでしょう。

 

アクリルキーホルダーはデザイン・イラスト・形など、アクリル部分の細かい要望が多く、品質まで加味するとそれなりの労力が必要です。

 

小ロット生産に対応している企業は、そういった細かい要望に対応してもらえることが多いといえるでしょう。

 

また受注者のニーズに合わせられるだけでなく、消費者のニーズにも合わせやすいといえます。

 

アクリルキーホルダーのような付け替えが自由な商品は、ニーズの移り変わりが激しい特徴があり、柔軟に商品の仕様を変更しなければならない状況が多々あります。

 

例えば「バッグにつけられる大きさにするのか」「スマートフォンにつけられる小ささにするのか」といったことから、「ボールチェーンにするのか」「ナスカンにするのか」といった細かいところの仕様変更です。

 

試作品や小ロット生産で購入者の反応を見てみて、顧客の声を聞きながらさらに商品をよりよくしていく方法がよいでしょう。

商品の在庫を少なく抑えられる点

小ロット生産は商品の在庫を少なく抑えられる点もメリットといえるでしょう。

 

大ロット生産に比べて小ロット生産は生産する商品自体が少ないため、在庫として抱えづらい特徴があります。

 

在庫を抱えている状態で次の商品展開へ移行する場合に比べて、在庫を抱えていない状態で商品展開する場合のほうが、リスクを抑えることにつながります。

 

また大ロットに比べて小ロットでは商品の生産数が少ないため、納品までの時間が短く、早い段階で市場に売り出しやすいです。

 

アクリルキーホルダーのような消費者ニーズの移り変わりが早い商品は、在庫を販売しきる前に次の商品へ着手する傾向が強いため、市場への参加が早ければ早いほど売上につながりやすいです。

 

商品の在庫を少なく抑えられる点は、スピーディな商品展開を行いやすく、売れやすい状態を作るのに大きなメリットといえるでしょう。

制作会社選びのポイントとは?

d2c アクリルキー

 

アクリルキーホルダーを制作依頼する会社選びのポイントは3つです。

 

  • 到着までの日数・納期
  • 最小ロット個数
  • 作りやすさ

 

アクリルキーホルダーに限らず、制作依頼を行う場合には商品のコンセプトや企業との相性によって選び方が異なります。

 

制作会社に依頼する前に、アクリルキーホルダーのおおまかな仕様やコンセプト、どういったニーズに向けて販売するのか、事前に決めておくとよいでしょう。

到着までの日数・納期

制作されたアクリルキーホルダーの到着日数・納期を逆算して、制作会社に依頼しましょう。

 

アクリルキーホルダーの制作日数はロット数や制作会社によって異なりますが、スムーズに取引が進んだ場合おおよそ10日〜14日です。

 

また、特別な要望がある場合や特殊な仕様がある場合は、製作日数が変わってくるため余裕を持って依頼を行いましょう。

 

一方で、スムーズに取引を行うためには、商品の仕様や制作会社への依頼内容を細分化する必要があります。

 

商品案がまとまっていないアクリルキーホルダーを注文した場合、イメージしていた商品と異なってしまい、販売予定日に間に合わない可能性があります。

 

事前にしっかりと商品イメージを説明する資料や依頼の流れなどを把握しておくとよいでしょう。

 

制作会社に依頼する流れとして「【OEMとは?】OEMの基礎知識とOEMで製造するメリットを紹介」で詳しく解説しています。ぜひご参考ください。

最少ロットの個数

アクリルキーホルダーの制作会社によってロット数や最小ロットの個数が異なるため、しっかりと調べましょう。

 

ロット数とは、1回で生産する商品のまとまりであり、最小ロット数は1まとまりの最小生産数のことを指します。

 

例えばA社が1ロットが100個だった場合は最小ロット数は1であり、最小ロットの個数は100個です。B社が1ロット10個の場合は最小ロット数は1であり、最小ロットの個数は10個です。

 

またロット数が多ければ多い程、商品1つ当たりの単価は下がる傾向にあり、在庫リスクが上昇します。反対にロットの個数が少ないほど、商品単価は上がりますが在庫リスクは減少します。

 

制作会社によってはロット数ではなく、個数で制作を請け負っている企業もありますが、1ロット10個で販売している制作会社もあるので、商品の制作個数にあった制作会社を選ぶようにしましょう。

作りやすさ

制作会社に依頼した際の作りやすさも考慮する必要があります。

 

制作会社のサイトによって作りやすさが異なり、追加発注する際の手間に差があります。

 

例えばアクリルキーホルダーに印刷する画像だけ用意すればよい制作会社もあれば、拡張子の指定やサイズに上限が決まっている制作会社もあります。

 

そのため価格が安いアクリルキーホルダーを作る場合でも、時間や手間を考慮すると商品に見えないコストが発生してしまうため注意が必要です。

 

発注しやすいサイト作りを行っている企業は、相手のことを思いやる力が備わっている可能性が高く、細かい要望も真摯に対応してくれることでしょう。

 

だからといって依頼しやすい企業が全て優良企業とは限らず、反対に依頼しにくいサイトを運営していても、技術力が高い制作会社もあります。

 

そのため依頼するサイトだけで考慮せず、制作会社の人となりや対応を見て判断するとよいでしょう。

おすすめ制作会社をご紹介

オリジナルアクリルキーホルダーの制作会社はたくさんありますが、その中でもおすすめな制作会社は「アクリルキーホルダーラボ」です。

 

しかしアクリルキーホルダーの制作には個数・ロット数・大きさなど、さまざまな条件があります。

 

そのため制作するアクリルキーホルダーの仕様によっては、今回紹介する制作会社より相性のよい企業がある可能性があることを覚えておきましょう。

アクリルキーホルダーラボ

d2c 制作会社

 

アクリルキーホルダーラボ」は、品質の高さと作りやすさが魅力のアクリルキーホルダー制作会社です。

 

簡単3ステップでアクリルキーホルダーの注文が可能で、ネットショップ・イベントグッズ・個人用まで幅広く利用されています。

 

またUVインクジェットを使用しているため仕上がりが綺麗で、1個からの注文から1000個以上の注文まで対応しています。

 

ロット数にもよりますが1個あたり500円で制作でき、販売実績も豊富なのでぜひ利用してみましょう。

まとめ

d2c 取引

 

小ロット生産のメリットは下記2点です。

 

  • 受注者のニーズに合わせられる点
  • 商品の在庫を少なく抑えられる点

 

アクリルキーホルダーのような小物商品はニーズの移り変わりが早く、スピード感をもって商品展開を進めていくことが大事です。

 

また制作会社を選ぶポイントは下記3つです。

 

  • 到着までの日数・納期
  • 最小ロット個数
  • 作りやすさ

 

アクリルキーホルダーの販売を継続していくために、コストや販売予定の決めやすい上記ポイントを意識して制作会社を選びましょう。

D2C FARM.では、OEM企業の選び方やD2C事業を成功させるために必要な情報を日々発信していますので、D2C事業を新規で始める方や事業を発展させたい方は、他の記事もあわせてご覧ください。

この記事を
シェアする

合わせて読みたい

【小ロット生産とは?】大ロット生産との違いや小ロット生産に適した商品を紹介

合わせて読みたい

小ロットで発注するメリットとは?OEMにおける小ロット発注を徹底解説

合わせて読みたい

化学品を委託製造する際のポイントや委託製造でおすすめ企業をご紹介

この記事を
シェアする