BUSINESS INFORMATION

D2Cビジネス情報
2022.11.9
エナジードリンクのD2Cについて基礎と事例を徹底解説!
D2C ドリンク

 

D2Cは様々なジャンルのマーケティングに活用されています。D2Cとはあくまでもマーケティングの手法になりますので、業態を問いません。エナジードリンクの世界でもD2Cを取り入れる企業が増えているのはそのためです。そこで今回はD2Cについての基礎知識や、D2Cとエナジードリンクの関連性などについて解説していきます。

D2Cとは?

D2C 意味合い

D2Cとは、direct to Consumerの頭文字から名付けられたものです。エッジを利かせるために「t」ではなく「2」が使われることで「D2C」となりました。

日本語に直訳すると「直接販売」ですが、意味合いとしても同じです。

製造メーカーが直接消費者に販売する手法を指すもので、web時代の消費者行動との親和性が高いことから大きな注目を集めるに至っています。

そんなD2Cは、アメリカで生まれたマーケティング手法です。さらには実はネット登場前から用いられていた手法でした。つまり、D2Cとは決してWEB上限定のマーケティング手法ではありません。

日本語訳からも分かるように、「直接販売」を意味するものであって、決して必ずwebを活用するものではありません。

例えばかつてであれば自社で取り扱っているカタログを送付したり、顧客に対しては電話をかけたりといった方法にて、販売店を通さずに製造メーカーと消費者が直接やり取りする手法もありました。

しかしWEBであれば、カタログを作成する手間もかかりませんし、電話ではなくメールやSNSを通して、より気軽にコンタクトを取ることが可能です。

そして言うまでもなく、WEB環境は特別なものではありません。消費者にとってはスマートフォンを購入すればすぐにでもweb環境を楽しめる時代です。

つまり、WEBを介したD2CはWEB環境利用者が顧客になりますので、より多くの顧客候補を抱えていることになります。

また、実際にWEBを介したやり取りは気軽です。このような背景から、D2Cが世界中にて注目を集めるに至っています。

・定義

D2Cはあくまでもマーケティング手法になります。

つまり、法律等で明文化された確たるものではなく、それぞれの会社が様々な形で取り組んでいるものです。

その点では汎用性の広いマーケティング手法だと考えることもできるのですが、敢えて定義を挙げるとすれば「消費者に直接販売するチャンネルを持つ」ことです。

かつて、消費者に物を売るためにはお店を持たなければなりませんでした。場所の選定や出店費用、業種によっては免許・認可も必要になるなど、「お店を出す」という行為そのもののハードルはとても高いものでした。

しかしWEB時代は、簡単にネットショップを保有することができます。

ネットショップ開業支援サービスも多々登場していますので、それらを利用すれば数十分で自分のお店を持つことが可能な時代となったことから、WEBを介してのD2Cは、決して高いハードルではなくなりました。

そのため、D2Cを「ネットショップを介して消費者と直接やり取りすること」を定義だと考えている人も多いのですが、先にもお伝えしたように、D2Cは決して「WEBで」と定義されているものではありません。

あくまでも「消費者との直接やり取り」になりますので、WEBサイトを活用した手法も、D2Cの方法の一つになります。

その点では、D2Cの定義は「WEBを介して」ではなく、「直接やりとりする」こととなります。

・特徴

D2Cの特徴として、直接やり取りすることで中間マージンが発生しません。

先にもお伝えしましたが、かつて消費者に物を売るためには販売店を通す必要がありました。お店を持つことはハードルが高かったことから、製造メーカーは消費者にではなく、小売り・販売業者に販売します。そして小売り・販売メーカーが消費者に売る。

この流れがありました。また、場合によっては製造メーカーと小売り・販売メーカーの間に卸売業者・問屋が入るなど、製造メーカーと消費者の間にはいくつもの「中間業者」が入っていました。そのため、どうしても途中に入る業者の数だけ中間マージンが発生していました。

しかしD2Cは消費者と直接やり取りするので、中間マージンは発生しません。消費者に、より安価に商品・サービスを提供できる点に加え、直接やり取りするので消費者の声を聴くことができます。

満足できる部分、改善してもらいたい部分など、次の商品開発に役立つ重要なデータを得ることができます。また、販売の方法も自らで考えることができます。

かつては販売店に委ねるしかありませんでしたが、販売店がどのような形で販売するかは販売店の自由です。

せっかく苦心して開発した商品でありながら、目立たないところに陳列されたり、勝手に安売りされたことで、「安物」とのレッテルを貼られることになったりなど、メーカー側の意図していない形で販売されてしまうことも珍しくありませんでした。

しかしD2Cであれば、販売方法は自らの自由です。価格設定はもちろんですが、どのようにアピールするのか等、販売戦略は自由です。

特に近年は消費者の消費行動が多様化しています。

かつてのように、お店の目立つところに陳列してもらうだけでは売れません。まさに「十人十色」の消費行動となっていることから、それぞれの消費者に合わせた商品の提案を行っているメーカーもあります。

いわば、消費者とコミュニケーションを育み、商品を販売することで商品を提供するだけではなく、自社の魅力をアピールすることにも繋がります。

その点ではD2Cは単なる販売戦略ではなく、自社のブランディング戦略としても活用が可能です。

このように、D2Cは定義としては「直接やり取りすること」ですが、そこには多くのメリットが内包されていますので、活用方法次第では、D2Cがより大きなビジネスチャンスをもたらすことになるのです。

エナジードリンクとは?

D2C 直販店

エナジードリンクは近年、様々なメーカーから販売されています。

裏を返せば、それだけの需要があるからです。

エナジードリンクを飲むことでエネルギッシュになる、活力が出てくるとされています。裏を返せば、それだけ多くの人がつかれている時代だとも解釈できるのですが、エナジードリンクは栄養ドリンクと比べて安価な点、コンビニやドラッグストアで気軽に購入できる点から人気を集めています。

・定義

エナジードリンクは、栄養ドリンクではありません。

法律的な話をすると、エナジードリンクは医療部外品に分類されている栄養ドリンクではなく、炭酸飲料です。

つまり、「ジュース」です。

リポビタンDは、CMでも謳われているように「滋養強壮」の効果が医学的見地からも認められています。薬ではありませんが、体への効果が期待できるので「医療部外品」というカテゴリーにあります。

しかし、エナジードリンクはあくまでもジュースです。ではその違いは何かと言えば、合成タウリンの有無です。

医療部外品に分類されている栄養ドリンクには、タウリンが含まれています。

合成タウリンには幹細胞に作用する働きがあるのですが、医療部外品には使用が可能ですが、炭酸飲料には使用できません。

そのため、エナジードリンクにはタウリンではなくアルギニンが含まれるケースが多いです。

アミノ酸の一種であるアルギニンは成長ホルモンや血流改善をもたらすとされているものですが、医薬品ではありません。

つまり、タウリンが含まれていれば栄養ドリンク、タウリンが含まれていなければエナジードリンクだと考えてよいでしょう。

・効果

エナジードリンクにも様々な種類がありますが、摂取することで炭酸との刺激も併せ、眠気の発散やアミノ酸による疲労回復が期待できます。

また、プラシーボ効果もあるとされています。つまり、「エナジードリンクを飲んだ」という意識が、活力をもたらしたり、気持ちを切り替えることに繋がるとされています。

ただし、近年はエナジードリンクの種類も多様化しています。そのため、効果よりもむしろ味覚を求めている層も増えています。

体への効果よりも、「美味しい炭酸飲料として」、エナジードリンクを選ぶ消費者が増えているのも、それだけエナジードリンクの種類が増えているからこそです。

ドリンクD2Cの事例をご紹介!

D2Cとエナジードリンクについてご紹介させていただきましたが、その両者を合わせたビジネスを展開している業者もいます。

そこで、D2Cとエナジードリンクを組み合わせた商品・サービスをご紹介しましょう。

・スポーツ&エナジードリンク「BodyArmor」

アメリカのスポーツドリンク、「BodyArmor」は4カテゴリーを用意し、さらにはそれぞれに豊富な種類をラインナップ。公式サイトにて消費者に合った商品を提案・販売しています。

著名人をキャラクターに据えるだけではなく、SNSを展開するなど、消費者に気軽に訴求している点もポイントです。

・スポーツ&エナジードリンク「Coco5」

こちらも海外のスポーツドリンクです。

ポップなボトルが印象的なCoco5は、それぞれ特徴の異なる6種類のフレーバーを用意。

D2Cにて消費者と直接コミュニケーションを取りつつ、消費者にマッチしたタイプを提案しています。

まとめ

D2C 関係者

D2Cとエナジードリンク。それぞれ全く異なるものではありますが、組み合わせたビジネスも展開されています。

つまり、D2Cは商品・サービスを問わずに活用できるマーケティング手法であることが分かっていただけたのではないでしょうか。

エナジードリンクが多様化しているからこそと考える人もいるかもしれませんが、エナジードリンクの多様化を生んでいるのは消費行動、つまりは消費者です。

今後も思わぬジャンルがD2Cにて展開される可能性もありますが、それもいわばD2Cの汎用性の高さを現すものなのです。