最新のD2Cビジネス情報

【D2Cで安くコスメ購入!】安く購入できる理由とおすすめD2Cコスメ紹介

更新日:2021年9月15日

 

インターネットで購入できるD2Cコスメは、ここ数年間で大きな発展を遂げています。今回の記事ではD2Cコスメが注目を集める理由とおすすめのD2Cコスメについて紹介しています!
店頭購入との違いや自分に合ったD2Cコスメの選び方を紹介しているので、安くコスメを揃えたいおしゃれさんはぜひご覧ください!

D2Cコスメとは?

D2Cコスメとは、コスメを製造しているメーカーやブランドによって作られたコスメ商品が、自社で運営しているECサイトを通して直接消費者の手元に届けられる販売モデルの一つです。

製造者と消費者の間に、仲介業者である百貨店や小売店を挟まないため、D2Cコスメメーカーは商品の企画・製造・販売まで一貫して商品展開を行っているのが特徴です。

そもそも「D2C」がよくわからないという方は、こちらのリンクでD2Cについて分かりやすく解説しておりますので合わせてこちらの記事を読んでみてください!

 

D2Cコスメの人気ブランド3選をご紹介

D2Cのコスメ商品は低価格・高品質の商品が多く、おすすめできるブランドがたくさんあります。

その中でも特におすすめのD2Cコスメブランドを3つ紹介いたします!

 

Glossier(グロッシアー)

 

Glossier

https://www.glossier.com/

 

Glossier(グロッシアー)は、D2Cというビジネス戦略の先駆けとして有名なコスメブランドです。

グロッシアーの商品は発色の良さと崩れにくさからSNS映えするとして若者の支持を集めており、特にアイブロウは生産が追いつかなくなる程の人気商品で1万人の販売予約されるほどの人気ぶりを記録しました。

今でもブロガー始動のコスメブランドとして、InstagramやYouTubeなどのSNSを中心に時代のトレンドや役立つ情報発信、消費者とのコミュニティを通じて商品開発を行うなどユーザーファーストな姿勢も人気を集めている秘訣です!

 

Drunk Elephant(ドランクエレファント)

Drunk Elephant

https://www.drunkelephant.com/

 

Drunk Elephant(ドランクエレファント)は、天然素材にこだわりながらも「100%ナチュラルであるといって必ず良い商品といえるとは限らない」として、天然素材と科学成分をバランスよく取り入れた人気コスメブランドです。

原材料に使われている「マルラオイル」は、酸化や熱などに強く保湿成分が高い植物オイルが使用されており、石鹸や保湿クリームを中心に年齢を問わず愛されています。

創業してから7年で売上が100億円を突破するほど人気がある企業ですが、日本の資生堂が買収したことで日本でも有名になりました。

 

BULK HOMME(バルクオム)

 

BULK HOMME

https://bulk.co.jp/

 

BULK HOMME(バルクオム)は、男性用のコスメ商品を展開している珍しいコスメブランドです。

男性向けの化粧品メーカーでありながら、低刺激で保湿力が高いという特徴を持ちながらニキビの原因になる毛穴の皮脂汚れを落とすほど、強力な洗浄力を両立したスキンケア商品が最も人気を集めています。

ブランドイメージを非常に大切にしている企業であり、商品やSNSはもちろん広告に起用するタレントまでブランドイメージに合わせて選ばれており、統一感のあるシンプルなデザインは男性にとって選びやすい化粧品でしょう。

 

D2Cコスメのメリット・デメリットとは?

D2Cコスメブランドを選ぶメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

それぞれ分かりやすく紹介します。

 

D2Cコスメを購入するメリット

一般的に店舗販売を行っているコスメブランドではなく、D2Cコスメブランドで購入するメリットは大きく3つあります。

 

・低価格で高品質

D2Cコスメブランドは、低価格で高品質な商品が多いです。

D2Cというビジネスモデルの特徴として、仲介業者である小売店や百貨店を挟まずにECサイトを通じて消費者と商品のやり取りを行うので、一般的な販売方法を行っている企業に比べて商品にかかる人件費・手数料・店舗運営費のコストを削減できます。

本来かかるはずのコストを削減できる分、商品そのものの単価を抑えたり商品開発にコストを回したりできるので結果的に低価格・高品質の商品になりやすいです。

 

・自分に合ったコスメが見つけやすい

D2Cコスメブランドは、全国に展開しているコスメブランド商品に比べ、自分にとって最適な商品を見つけやすい特徴があります。

全国に商品展開を行っているコスメブランドは、多くの人に商品を取ってもらう必要があるため、どんな人にも対応できる無難な製品であることが多いです。

一方でD2C展開を行っているコスメブランドは、無難な商品だとどこでも手に入るコスメブランドに比べて選ばれない可能性があるため、特定の悩みに対して効果が強いことが多いです。

D2Cコスメブランドはそういった人たちに向けて、SNSやブログコンテンツを中心に情報展開を行っているため、自分が使いたいコスメのこだわりや一般的なコスメ商品では解消しきることができない悩みが強い人ほど自分に合ったコスメを選びやすいです。

 

・キャンペーンやクーポンなどお得なサービスが多い

D2Cブランドコスメは、比較的キャンペーンやクーポンなどお得になるサービスが多いです。

D2Cコスメブランドは、インターネット上の情報発信から自社運営のECサイトで商品を購入してもらう戦略が主流であり、キャンペーンやクーポンなどお得なサービスを展開する方法の幅が広く、様々なキャンペーンを打ち出すことができます。

一方で店舗でキャンペーンをしようとすると、特定の店舗キャンペーンになってしまったりPOPや店舗準備などのできるキャンペーンが限られるうえ、従業員に発生する労働コストが上乗せされるためキャンペーンがそもそも難しいです。

インターネットでの販売方法を活かし、訪れる全ての消費者に平等にサービスの恩恵が受けられる環境を活かしたD2C特有の販売戦略といえます。

 

D2C メリット

D2Cコスメを購入するデメリット

反対にD2Cコスメを選ぶデメリットはどのようなものがあるか一緒に見ていきましょう。

 

・使用感がわかりづらく自分に合わない可能性がある

D2Cコスメブランドは、写真や商品コンセプトを通じて商品の魅力は十分に伝わります。

しかし、微妙なトーンの違いや実際に使った時の質感など写真や文章を通して判断することは難しく、手元に届いてから使ってみて自分には合わなかったという事例が多いです。

自分がどのような商品を使うべきか分かっていない時や、D2Cコスメブランドが発信しているコンテンツに魅力を感じない場合は、D2Cコスメを購入すると損をしてしまうことがあります。

 

・手に入らない可能性がある

D2Cの商品は、中長期的なビジネス戦略を取っているケースが多く、人気になり始めのころは品数が少なく手に入らない可能性があります。

特にコスメはトレンドや流行の影響を受けやすく、今まで見向きもされなかった商品が突然爆発的に売れるケースがあり、商品の売れ行きが安定するまで生産数を絞っているケースが一般的です。

さらにECサイトは、全国各地から購入することができるためタイミングによっては手に入れることが難しく、最悪手に入れるころには流行が終わってしまうなんてこともあります。

すぐにD2C商品が必要な時や突然大人気になったD2C商品は注意が必要です。

 

D2C コスメ おすすめ

店頭での購入との違いとは?

一般的な店頭で購入する場合とD2Cコスメはそれぞれ長所と短所があります。

百貨店などのコスメコーナーには、商品について正しい知識を身に着けた従業員に使用感や質問をしながら消費者にとっておすすめの商品を選んでもらうことができます。

しかし商品のラインナップには限界があり、限られた商品の中で自分に合う商品を探す手間と時間を費やすことになります。

一方でD2Cコスメでは、インターネット上で販売している無数のD2Cコスメを場所を選ばずに購入することができる手軽さと便利さが特徴です。

ただし、コスメの理解度によって良い商品を見つける難易度が上がってしまい、自分にとってあまり良くない商品を選んでしまう可能性があるので注意が必要です。

D2Cで自分に合ったコスメを見つける方法とは?

何も分からない状態で、多数ある商品の中で自分に合う商品を見つけるのは少し難しいですよね?

D2Cで自分に合ったコスメを見つける方法は、自分の肌質や似合う色などコスメに対する理解度を上げる必要があります。

D2Cコスメブランドが発信しているコンテンツや、百貨店のコスメブランドを訪れ店員さんと話してみましょう。

自分にとってどのような商品が必要なのか、できる限り明確に決めておくとD2Cコスメ選びに迷うことは無くなるでしょう。

 

まとめ

D2Cコスメブランドは、年々増加しており自分に合ったコスメを販売しているD2Cコスメブランドは必ずあるといっても過言ではありません。

自分にとって最高のD2Cコスメ商品と出会えた時は、今まで以上にコスメ選びが楽しくなるのでD2Cコスメブランドが発信している情報や最新のコスメトレンドをチェックしておきましょう!

この記事を
シェアする

合わせて読みたい

化粧品ECサイトの3つの課題とは?市場規模や成功ポイントについてご紹介

合わせて読みたい

【2021】ジャンル別おすすめD2Cサイトを紹介

合わせて読みたい

【2021年】化粧品のOEMを始める方法とOEM生産でかかる費用を解説

この記事を
シェアする