BUSINESS INFORMATION

D2Cビジネス情報
2022.6.15
おすすめ雑貨OEM製造先3選!雑貨の種類別で紹介
雑貨 OEM

 

雑貨の種類によって選ぶべきOEM企業は異なります。今回の記事では、雑貨の種類別に異なる製造を行っている企業を3社紹介します。また、雑貨OEM企業だけでなくOEMの基礎知識やを紹介しているので、これから雑貨ブランドを検討中の方はぜひ最後までご覧ください。

 

OEMとは?

OEMとは、「Original-Equipment-Manufacturing(Manufacturer)」の略称であり、他社の製品を製造すること、または他社の製品を製造する企業のことです。

EC事業を行っている企業がOEM生産を採用した商品展開を行っており、委託企業・受託企業ともに注目を集めています。

また、OEMを実施している業界は、自動車・アパレル・化粧品・食品など多岐にわたっており、販売を主に行っている企業がOEMを活用しています。

OEM生産は、販売商品の種類を多く扱う企業と相性がよいため、雑貨商品の生産を必要とする企業にとってOEM企業は必要不可欠です。

OEM企業の特徴として、専門的な商品の製造を取り扱っているOEM企業が多いです。

しかし、雑貨商品の製造を行っているOEM企業は、さまざまな商品の製造を行っているため、種類を多く販売する必要のある企業にとって最善の選択肢ともいえるでしょう。

雑貨 委託

雑貨OEMをするメリット・デメリット

雑貨商品をOEMするメリット・デメリットをご紹介します。

雑貨商品のOEMは、他のOEMに比べて重要度が高い傾向にあり、OEMを活用するメリットが多いといえます。

しかし重要度が高い反面、雑貨商品でのOEM生産を活用する場合のデメリットは、他の業界に比べて影響を受けやすい特徴があるため注意しましょう。

雑貨OEMをするメリット

雑貨商品でOEM生産を行う場合のメリットは3つです。

  • ・生産設備がなくても、いろいろな商品を生産できる
  • ・商品の開発・販売に専念できる
  • ・ユーザーの意見にあわせて商品開発できる

本来であれば、初期コストとして、工場や土地などの不動産をはじめ、工場の維持費や人件費が初期投資で必要です。

しかし、生産設備を持つOEM企業に雑貨の生産を委託することで、初期コストを削減できるほか、固定費の削減できます。

低コストで雑貨商品の販売ができるため、雑貨業界への参入障壁が低くなり、早い段階で販売を開始できるといえます。

また、商品の開発・販売に専念できる点もメリットの一つです。

そもそも開発や販売には、さまざまな労力がかかります。

開発では、マーケティング調査や顧客ニーズの把握、シェア算定など重要でありながらも、細かい業務が多いです。

また、販売では顧客とのコミュニケーションを図ったり、商品の宣伝を行うプランニング作業や営業活動があります。

特に、顧客とのコミュニケーションは雑貨商品だけでなく、すべてのブランド品の販売戦略を決めるといっても過言ではありません。

雑貨業界は、こうしたさまざまな業務の上で成り立っている中で、生産に関わる業務を請け負ってくれるのがOEM企業です。

コア業務の一部を委託しているため、生産・製造に関する業務はOEM企業が請け負い、細かな調整や情報共有のみが主な仕事になります。

従業員の工数を減らせるOEMは、活用するメリットが大いにあるといえます。

雑貨OEMをするデメリット

一方で、雑貨OEMにもデメリットがあります。

  • ・生産による利益を得られない
  • ・将来的にOEM企業が競合になる可能性がある

OEMに雑貨商品を委託すると、生産による収益を得られないデメリットがあります。

自社による生産を行っていた場合、雑貨商品の販売数に応じて利益向上が見込めます。

しかし、OEM企業に生産を委託していると、雑貨商品を生産すること自体がコストになります。

生産設備を持たない企業では、商品を製造してくれるOEM企業は魅力的です。

一方で、OEM企業の委託期間が長期にわたるほど、生産によるコスト負担が大きくなってしまうことを覚えておきましょう。

また、将来的に競合になる可能性があることを考慮しなければなりません。

生産設備を持っている企業の中には、開発・企画ノウハウが育っていない企業も多くあります。

しかし、OEM企業に生産を委託する場合、商品の仕様や顧客ニーズなど商品の企画を通じて、自社の技術力が流出する恐れがあります。

技術力が流出してしまうと、将来的にOEM企業が自社ブランドとして競合になる恐れがあり、同じ市場で顧客を取り合う状況になる可能性があるため注意しましょう。

OEM コップ

おすすめ雑貨OEM製造先3選をご紹介!

雑貨商品やアパレル製品の製作を行っているOEM企業のおすすめを3つ紹介します。

  • ・株式会社エーゼル
  • ・株式会社 アルマニャック
  • ・株式会社サードオフィス

雑貨商品・アパレル製品を作成しているOEM企業の中でも、商品を全般的に扱っているOEM企業もいれば、雑貨商品の中でも専門的な商品を製作している企業もあります。

自社の雑貨ブランドのコンセプトに合った商品かどうか、しっかりと吟味しておきましょう。

 

【生活雑貨全般】株式会社エーゼル

株式会社エーゼル

※画像引用元:株式会社エーゼル公式HP

株式会社エーゼルは、生活雑貨全般を扱っているOEM企業です。

扱っている商品は、バッグ・ポーチ・リュック・帽子といったファッション用品やネクタイ・エプロンといった布製品があります。

他にも、お皿・コップ・お弁当箱といったプラスチック製品やカトラリー・トレーといった金属製品と多くの種類に対応しています。

オリジナル生活雑貨の作成も行っており、和のテイストを取り入れた商品販売も行っているため、企画・開発力も十分な企業といえます。

さまざまな種類を整えるエーゼルはパートナー企業も多くあり、雑貨業界の精通しているといえます。

雑貨業界の商品を一つの企業で網羅的に販売する事業を展開している方にとっては、非常に助けとなるOEM企業といえるでしょう。

 

【ネクタイなどの装飾雑貨】株式会社 アルマニャック

株式会社 アルマニャック

※画像引用元:株式会社 アルマニャック公式HP

株式会社アルマニャックは、装飾雑貨を専門に取り扱うOEM企業です。

扱っている装飾品は、ネクタイ・ストール・レッグウェアなどを扱っていおり、「小さなアイテムだからこそ、スパイスと優雅さを毎日届けられる」といった思いから作られる商品は、さまざまな企業から評価されています。

そのため、ターゲットもコンセプトも異なる企業と契約しており、100を超えているといわれています。

全ての企業・ブランド独自の世界観に寄り添い、それぞれのターゲットに向けた提案を行うことで、お取引先様と共に成長できる企業を目指している企業です。

実績豊富なOEM企業に生産を任せたいと考えている方にとって、最もおすすめの雑貨OEMといえるでしょう。

 

【カッコいいがコンセプトアパレル雑貨】株式会社サードオフィス

株式会社サードオフィス

※画像引用元:株式会社サードオフィス公式HP

株式会社サードオフィスは、「カッコいい」をコンセプトにしたアパレル雑貨を取り扱うOEM企業です。

アパレル雑貨の生産だけでなく、既存ブランドのリブランディングやブランドの認知拡大事業も一緒に行っているのが大きな特徴といえます。

また、OEM事業だけでなくODM事業も行っており、「新しくブランドを創りたい」「PBを始めたい」といった要望に対し、サードオフィスがもつ企画・デザイン・製造のノウハウを活用したコンサルティングも提供しています。

既存のアパレル雑貨が伸び悩んでる方や、アパレル雑貨事業をスタートを検討中の方は、株式会社サードオフィスのような、専門家の力を借りながら、徐々に成長していくこともいいでしょう。

まとめ

雑貨OEMは、他社の雑貨製品を製造すること、または他社の雑貨製品を製造する企業のことを指します。

雑貨・アパレル商品は商品の幅が広いため、顧客ニーズを把握することが難しく、開発や販売に注力できる環境が望ましいといえます。

そこで以下3点のメリットを得られるOEMがおすすめです。

  • ・生産設備がなくても、いろいろな商品を生産できる
  • ・商品の開発・販売に専念できる
  • ・ユーザーの意見にあわせて商品開発できる

初期コストの低さや開発・マーケティング・顧客育成などに注力することで、より効率的な事業運営を可能とします。

一方で、デメリットも2点あります。

  • ・生産による利益を得られない
  • ・将来的にOEM企業が競合になる可能性がある

どちらのデメリットもOEM企業への依存度が高く、長期化になるほど大きくなってしまう点に注意しましょう。

また、本記事ではおすすめの雑貨・アパレルOEM企業を3社ご紹介しました。

  • ・【生活雑貨全般】株式会社エーゼル
  • ・【ネクタイなどの装飾雑貨】株式会社 アルマニャック
  • ・【カッコいいがコンセプトアパレル雑貨】株式会社サードオフィス

自社の雑貨ブランドのコンセプトとマッチしている企業なのか、どの程度OEM企業と協力していくかなど、自社の状況によって選ぶべきOEM企業は異なりますので、今回紹介した企業を参考にOEM企業選定を行ってください。