最新のD2Cビジネス情報

【化粧品業界を徹底解剖!】化粧品の商品開発・企画に向いてる人の特徴や、仕事内容を解説!

更新日:2021年12月24日

 

化粧品の商品開発・企画は、就活市場の中でも人気のある職業の一つです。しかし、どのような仕事を行っているか把握している人は少ないのではないでしょうか。具体的な業務内容の紹介や化粧品の開発・企画に向いている人などさまざまな情報を紹介しています。

化粧品の商品開発・企画職の概要や仕事内容についてご紹介

化粧品に限らず、商品の開発や企画職を志望する人は多く、憧れている方も少なくありません。

一方で、商品の最も大事な部分を決める職業であるため、「どんな業務を行っているのか」「何をしているのか」詳細が分かりづらい職業ともいえます。

本記事では、化粧品における商品開発・企画の概要や仕事内容について詳しく紹介します。

化粧品 商品企画

化粧品の商品開発・企画とは?

化粧品の商品開発・企画とは、化粧品メーカーで販売する新商品の仕様や企画を提案します。また、提案が受理された企画を基に商品の開発を行うのが商品開発です。

化粧品の商品開発・企画では、企画力だけでなく流行やトレンドにのった商品が求められます。特に化粧品業界は、最新の技術やインフルエンサーによる商品紹介によって、トレンドが変化しやすい特徴があります。

商品企画では、情報収集力はもちろんのこと、トレンドや顧客ニーズの汲み取り・先読みなど、さまざまな能力が必要です。

また、商品開発では、自ら細かな処方の調合やテストを行い、企画に合った化粧品を試作するため、薬学や化学などに関する専門的な知識が必要になる場合があります。

化粧品の技術は日々進化しているため、新しい技術を取り入れられる柔軟性も必要であるといえるでしょう。

以上のように商品企画・開発で担う業務は違います。

しかし、お互いが連携して仕事を行い、消費者のニーズに沿った化粧品や画期的な技術を用いた化粧品を生み出すよう日々の企業努力を行っています。

化粧品の商品開発・企画の仕事内容とは?

化粧品の商品開発・企画の仕事内容は、それぞれ異なるため、2つに分けて説明します。

1. 化粧品における商品企画の仕事内容

化粧品における商品企画の仕事内容は、新商品の企画や既存商品の改善・改良の発案です。

企画立案には、アイデアの発案だけでなく、発案・企画した商品が本当に売れるのかどうか、調べる必要があります。

せっかく発案・企画した商品が売れる見込みが無い場合、いたずらに時間や金銭のコストを消費するためです。

発案・企画した商品が売れるかどうか、競合他社の製品分析や市場調査を行い、顧客がどのような商品を求めているのか等、集めた情報を活用して商品案を出します。

出した商品案を明確な形にし、企画書としてプレゼンテーションを行います。

商品案を発案するだけでなく、発案した企画を現実と照らし合わせて売上見込みを作るのが主な仕事内容といえるでしょう。

 

2. 化粧品に置ける商品開発の仕事内容

化粧品における商品開発の仕事内容は、採決された企画書を基にした商品を開発することです。

企画を行ったチームと打ち合わせやミーティングを行い、素材選びや調合など製造過程を踏まえた試作を行います。

また、製造工程の確認・コストの把握・改善・安全性・効果の検証などさまざまな観点で試作した化粧品を評価します。

ほとんどの場合、初めから企画書通りの製品にならないため、満足のいく商品になるまで、修正を重ねながら、企画を製品化させていきます。

 

商品開発 成功

 

化粧品の商品開発・企画になる方法とは?

化粧品の商品開発・企画の業務に携わるために、必須とされる条件はありません。

そのため、就職活動で化粧品メーカーに内定をもらい、商品の企画・開発部門に配属されれば、誰でも業務を行うことができます。

しかし、化粧品の発案や開発には、化粧品業界の知識や経験、分析力が必要不可欠であるため、未経験の場合は営業や販売などを通して製品知識を蓄える期間が設けられることでしょう。

また、特に開発部門では、薬学・バイオ分野・化学など、専門的な知識が必要です。

そのため、研究職や理系など、似たような経験が求められる場合がほとんどといえるでしょう。

化粧品の商品開発・企画職に求められる資格やスキルとは?

化粧品の商品開発・企画職で必須となる資格やスキルはありません。

なぜなら、商品開発・企画に必要な要素のほとんどが、経験に基づくものであると考えられているからです。

逆にいえば、経験を積む気力がある方であれば、誰でも化粧品の商品開発・企画に携わることができるといえます。

化粧品の商品企画・開発部門で活躍するには、資格の取得よりも実務でのスキル向上を目指す方が効率的でしょう。

化粧品の商品開発・企画に向いている人とは?

化粧品の商品開発・企画には、どのような人が向いているか考えてみましょう。

化粧品の開発・企画に携わりたいと考えている人は多く、就活市場でも人気業務の一つです。

しかし、実態の把握が難しく、就業にこぎつけたとしても、向き不向きで諦める人も多くいるのが現状です。

自分が化粧品の商品開発・企画に向いているのか否か、記事を読みながらゆっくりと考えてみましょう。

化粧品業界に興味関心を持っている人

化粧品業界に興味関心を持っている人は開発・企画に向いているといえるでしょう。

化粧品の開発・企画は、常に最新技術が生み出されており、消費者も情報収集を欠かさず行っています。

そのため、流行やトレンドの移り変わりが早く、顧客ニーズが変動しやすいといえます。

常に消費者より情報収集を行い、アップデートすることを求められるため、化粧品業界に関心を持っていないと売れる商品を開発・企画することができません。

化粧品業界に興味関心があり、情報収集を欠かさず行いながら、市場に新しい提案を出せる人が成果を上げやすい人といえます。

少なくとも、熱心に情報収集を行っている消費者と同等かそれ以上に、化粧品業界が好きだといえるのであれば、化粧品の開発・企画に向いているといえるでしょう。

商品開発 スキル

 

市場把握力がある人

化粧品の開発・企画に向いている人として、市場把握力に秀でている人は化粧品業界に向いているといえるでしょう。

前述の通り、化粧品業界はトレンドの移り変わりが激しく、顧客ニーズの変動が早い業界といえます。

そのため、情報収集を基にした市場把握力が必要不可欠です。

正確な市場の情報収集を行い、消費者ニーズを察知して素早く求められている商品像を把握しなければ、すぐに流行に遅れてしまいます。

一方で、流行に乗ることができれば、トレンディな化粧品を生み出す企業としての認知を広げることができ、消費者の評価を高めることにつながります。

化粧品業界の情報を基に市場を把握する力があれば、成果を上げやすく売上に貢献しやすいため、市場把握力に優れている人は、向いているといえるでしょう。

アイディア力がある人

アイデア力が高い人は、化粧品の商品開発・企画に向いている人といえるでしょう。

さまざまな企業やブランドで化粧品の開発・企画をおこなっている人は別ですが、多くの場合、化粧品ブランドのコンセプトに合った商品の販売を行っています。

そのため、消費者のニーズや意見が偏りやすいため、新商品や改善案が似たようなものになりやすいです。

コンセプトに合った消費者が集まってくるのは喜ばしいことですが、似たような商品が続いてしまうと消費者はブランドそのものに飽きてくる可能性があります。

顧客のニーズを満たしながらも独創的なアイデアを生み出すために、アイデア力は必要不可欠といえます。

商品の開発・企画に向いている方を紹介しましたが、向いている人でなくても、センスや技術を磨くことによって成果を上げられます。

しっかりと経験を積み、化粧品業界に貢献する意思が固い方は、上記の要素を満たしていなくても向いているといっても過言ではないでしょう。

まとめ

化粧品の商品開発・企画では、新商品の企画や既存商品の改善・改良の発案、採決された企画書を基にした商品を開発することが主な業務です。

流行やトレンドにのった商品が求められる業界なので、日ごろから競合他社の商品情報や化粧品に関わる化学や最新技術の情報収集が必須といえます。

一方で、化粧品の開発・企画に必須となる資格やスキルが必要ないため、化粧品メーカーの商品開発・企画の部署に配属されれば誰でも携わることが可能です。

ただし、化粧品業界に向いている人はおり、下記3つが当てはまります。

 

  • 業界に興味関心を持っている人
  • 市場把握力がある人
  • アイディア力がある人

 

これらの要素を持ち合わせていない場合でも、センスや技術を磨いていくことにより、成果を上げることが可能な職業です。

しっかりと経験を積み、化粧品業界に貢献する意思が固い方は、上記の要素を満たしていなくても向いているといえるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

 

D2C FARM.では、最新のビジネス情報やこれからD2C事業をスタートさせる方向けに有益な情報を発信しています。

この記事を
シェアする

合わせて読みたい

【D2C初心者向け】D2C事業の始め方やメリット・デメリットもご紹介

合わせて読みたい

D2Cを用いたブランド企画!ブランド立ち上げに必要な物とは?

合わせて読みたい

D2Cブランド×メルマガ|D2Cでメルマガ配信をする目的や成功事例を紹介

この記事を
シェアする