最新のD2Cビジネス情報

コンテンツマーケティング戦略を立てる重要性とは?成果を引き出す3ステップをご紹介

更新日:2022年4月5日

 

コンテンツマーケティングの重要性が高まっていますが、コンテンツマーケティングは決して行き当たりばったりで取り組んで成功するものではありません。戦略を立て、短期・中期・長期それぞれの視点を持ち、数値目標を設定してこそ成功が見えるものです。

つまり、コンテンツマーケティングが上手くいっていない場合、戦略が効果的ではない可能性が高いです。それだけコンテンツマーケティングでは戦略立案が重要です。

そこでコンテンツマーケティングの戦略の重要性や、成果を得るための戦略についてのステップを解説していきましょう。

 

コンテンツマーケティング戦略を立てる重要性とは?

D2C 共有

 

コンテンツマーケティングでは戦略が大切です。

デジタルの世界を舞台にしたマーケティング術です。アナログではなく、全ての数値・実績を把握できますので、これらを意識するのは大前提ですが、それらの数値には理由があります。決して偶然ではなく、必然です。

コンテンツマーケティングを成功させるということは、各種数値を良いものにすることを意味していますが、数字は必然です。偶然だとは思っても、そこには理由があります。

その理由を知れば、コンテンツマーケティングを効率的に成功へと導くことができます。それこそが「戦略」です。

行き当たりばったりではなく、様々な角度からの視点を持ち、施策を打ち出す。これこそがコンテンツマーケティングの成功の秘訣ですが、これらを実践するためには、コンテンツマーケティングの戦略の重要性を把握することも大切です。

 

経営資源を有効活用

まずは経営資源の有効活用です。

経営資源は会社によって異なりますが、如何にして自社にとって有効活用するのかが大切です。どれだけ潤沢な経営資源がある会社でも、計画性の無い資源の使い方をしていては思うような結果を得ることはできません。

各社によって異なる経営資源をより効率的に活用するためには、どのようなコンテンツマーケティングが適しているのかを考える必要があります。

コンテンツマーケティングは自由です。多大なリソースを投入するコンテンツマーケティングも可能ですし、限られたリソースで行うことも可能です。どのような形でコンテンツマーケティングを行うかは自由ですが、自社の経営資源次第です。

無理をしたところで長続きしませんし、コンテンツマーケティングに取り組んでいるものの、経営資源があまっているようであればさらにコンテンツマーケティングに力を入れても良いでしょう。

このように、まずは自社がどのようにコンテンツマーケティングに向き合うのか、どれだけ力を入れるのかなどを考えることが求められます。

適当に、行き当たりばったりでコンテンツマーケティングに取り組むのではなく、会社としてどれだけのリソースを割けるのかを考えることで、コンテンツマーケティングの目標数値等も見えやすくなります。

実際、会社としてはコンテンツマーケティング以外にもリソースを割かなければならない現実があります。

他の事業との兼ね合いなども含め、コンテンツマーケティングに取り組むのであればまずは経営資源を有効活用することを心掛けましょう。

コンテンツマーケティングは短期的なものではなく長期的なものです。自社にマッチした形で継続しなければ結局は結果を得ることなく終了せざるを得ないので、長期的に取り組むためにはどのような形でのコンテンツマーケティングが可能なのか。この点を把握するためにも経営資源の把握が大切です。

 

組織内のコンテンツの方向性を統一

コンテンツマーケティングに取り組む部署は限られているかもしれません。しかし、コンテンツマーケティングで何を求めるのかなど、方向性は会社全体で共有する必要があります。

なぜなら、特定部署や一部社員のみではコンテンツマーケティングに携わっていない社員との連携ができません。ともすればコンテンツマーケティングに携わっていない社員・部署との連携で足を引っ張られかねません。

そのため、直接コンテンツマーケティングに関わらない人間であっても、どのような方向性なのか、何を目指しているのかなどをある程度共有・統一する必要があります。

コンテンツマーケティングに直接携わるのは一部の人間かもしれませんが、コンテンツマーケティングの方向性は会社として定めたものです。つまり、会社として取り組むことは、度合いの違いはあれど、コンテンツマーケティングと相通ずる部分があるものです。

反目し合うのは問題外として、協力できる部分は協力した方が効率が良いのは言うまでもありませんが、方向性を統一していなければ、協力できるのかも分かりません。

コンテンツマーケティングにて反響があった際の対応等も、方向性を統一していれば、誰が対応しても同じ方向を目指せますが、統一が不十分な場合、問い合わせてくれた相手に誤解を与えてしまうことにもなりかねません。

 

費用対効果を最大化

コンテンツマーケティングにどれだけの費用・リソースを避けるかは会社によって異なるかと思いますが、費用対効果の最大化を目指すためには、戦略こそ大切です。

行き当たりばったりで決めていては、リソースを無駄遣いして終わってしまう可能性が高いです。

コンテンツマーケティングに取り組む目的は、決してコンテンツマーケティングを実践することではなく、コンテンツマーケティングに取り組んで大きな結果を得ることなはずです。

取り組んで満足するものではなく、取り組み、結果を出して満足するものです。

そしてただ単に大きな成果を出すだけではなく、できれば費用対効果を高めたいものです。

限られたリソースを有効活用し、かつ大きな効果を得るためには長期的な戦略が重要です。戦略を立案していれば、目先の結果に一喜一憂するのではなく、長期的視野を持つことができますし、大きな視点で向き合うことができますので、闇雲にリソースを消耗することなく、結果的に費用対効果の最大化を目指せます。

もしもですが、戦略なくコンテンツマーケティングに取り組んだ場合、目の前の結果を受けて右往左往し、その都度費用を含めたリソースを適宜投入してしまいます。

しかし戦略があれば、多少の結果で動じることなく、目標に向けて粛々と取り組めますので、結果的に費用対効果を高めることが可能です。

 

コンテンツマーケティング戦略設計の3ステップををご紹介

コンテンツマーケティングの戦略設計が如何に大切なものなのかが分かっていただけたのではないでしょうか。

そこで具合的な戦略設計のための3ステップを解説していきましょう。

 

 既存コンテンツの分析

まずは既存コンテンツの分析です。

現在提供しているコンテンツの種類や、コンテンツ毎の成果を客観的に分析しましょう。

コンテンツマーケティングで大きな成果を得るためには、既存コンテンツを上回る必要があります。つまり、既存コンテンツでは何が足りていないのかを理解しなければ、結局はコンテンツマーケティングを実践しても同じ失敗を繰り返してしまうだけでしかありません。

現状を分析し、足りていないものをコンテンツマーケティングにて実践し、補う。このような考え方が重要になります。現状を認識せず、流行だからとコンテンツマーケティングに手を出したところで既存コンテンツを重複していてはリソースの無駄遣いになってしまうだけです。

コンテンツマーケティングも、あくまでも目的達成のためのプロセスの一つです。コンテンツマーケティングを行えば成功が保証されている訳ではありません。

あくまでも、コンテンツマーケティングによって得られるメリットが多々ある点や環境・価値観にマッチしていることで大きな注目を集めているのであって、決して魔法ではありません。

既存コンテンツを見直すことなく、コンテンツマーケティングを始めたところで、既存コンテンツと同じ失敗を繰り返すだけでしかありません。

この点は「コンテンマーケティングだから」ではなく、一般的なビジネス論の範疇の話です。

コンテンツ媒体を決める

コンテンツマーケティングをどの媒体で行うのかも考えましょう。

WEBサイトが一般的ではありますが、一口に「WEBサイト」と言っても様々な種類があります。ラウンディングページなのか、一般的な情報サイトテイストなのか、あるいはECサイトなのか等、コンテンツマーケティングを行うためのコンテンツの選択肢は豊富です。

自社の提供する商品・サービスはどのコンテンツと相性が良いのかを考え、コンテンツを決めましょう。

資料請求なのか、購買なのかによっても異なりますし、購買もジャンルによって向き不向きがあります。

 

制作プランを練る

コンテンツマーケティングの制作プランを考えましょう。

制作プランとは、費用や進捗等トータルで考える必要があります。コンテンツマーケティングをと思った時、当たり前ですがコンテンツの制作時間も必要です。

また、大まかなものだけではなく、細かい部分も大切です。例えばラウンディングページであれば1ページで良いですが、一般的な情報サイトにするのであればコンテンツをいくつも作成する必要がありますので、カテゴリ分類や内部リンク等も考慮する必要があります。

予算ばかりに目がいきがちですが、どのようなコンテンツを作成するのかこそ、コンテンマーケティングの肝です。

閲覧者・消費者にとって見やすいのか、魅力だと思えるのか、そして購買意欲を刺激されるのか。この点こそ大切です。決して自社が満足・納得するコンテンツではなく、閲覧者・消費者に訴求できるコンテンツの制作をプランニングしましょう。

 

まとめ

D2C 費用対効果

 

コンテンツマーケティング戦略が如何に大切なものなのかが分かっていただけたのではないでしょうか。

行き当たりばったりの無計画でコンテンツマーケティングに取り組んだとしても、思うような結果を得ることは難しいです。

成功のためには戦略を立案し、実践することです。

コンテンツマーケティングは決して魔法ではありません。実践すれば成功が約束されたものではなく、顧客に訴求するための方法の一つです。戦略を立案し、じっくり取り組み成功を目指しましょう。

 

この記事を
シェアする

合わせて読みたい

【EC初心者必見】ECモールの基礎知識とECビジネスで成功するポイントを紹介

合わせて読みたい

【2021年最新版】最新のEC市場について徹底解説!

合わせて読みたい

【2022年版】D2C時代の広告とは?従来の広告との違いを徹底解説

この記事を
シェアする