BUSINESS INFORMATION

D2Cビジネス情報
2022.6.13
D2Cを用いたブランド企画!ブランド立ち上げに必要な物とは?
D2C 立ち上げ

 

D2Cブランドを立ち上げたいけど何をするべきなのか難しいですよね?そこで今回はブランド立ち上げに必要なステップから注意点まで詳しく解説しています!ブランド立ち上げに成功した事例も紹介していますので、D2Cブランド立ち上げに迷わないために一緒に勉強していきましょう!

 

D2Cとは?

D2Cとは、「Direct to Consumer」の略称で、メーカーなどの製造者が小売店や代理店などを挟まず、消費者と商品の取引をする販売方法のことを指します。

インターネットの普及とともに、製造者にとって消費者との接点のため必要だった直営店の運営が必ずしも必要でなくなりました。

代わりにSNSやECサイトを活用して製造者と消費者が直接コミュニケーションを通じながら商品販売を行うのが特徴です。

D2Cについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しています!

興味のある方はぜひ読んでみてください!

 

D2Cブランド立ち上げに必要なステップをご紹介

D2C ステップ

 

工場探し、パートナー探し、顧客ニーズ調査 

D2Cブランドを立ち上げる際に必要なステップは、

・商品を作ってくれる工場を探す営業活動

・ECサイトの立ち上げや物流などの外注パートナー探し

・商品を買ってくれるお客様がどれくらいいるのかを探る顧客ニーズ調査

の3点です。

商品が無くては、いくら多くのファンを集めたところで売上を上げることはできませんし、顧客が購入したり運んでもらう手段の確保も必要です。ましてや商品を購入する顧客がいなければ商品を作る意味はありません。

どれか1つでもかけてしまうと、D2Cブランドとして成り立たなくなってしまうので、工場探し、自社でできない部分を補う外注パートナー探し、顧客ニーズの調査は時間をかけて綿密に進めていきましょう。

 

ブランドコンセプト(ストーリー)を決定する

D2Cブランド立ち上げにおいて、次に必要なステップはブランドコンセプトまたはブランドストーリーを決定することです。

D2Cブランドは、どのような体験を与えてくれるのかが最も重要な要素の1つとなります。

立ち上げをするD2Cブランドのコンセプトやブランドストーリーに賛同してくれるユーザーは、コアなファンとなり商品を購入してくれたり、口コミを広げてくれたりとブランドの育成に協力してくれるでしょう。

そういったユーザーを集めるためにもブランドコンセプトやストーリーを、立ち上げの段階でSNSやコンテンツで有益な情報と共に発信し、認知を広げていくことが大事です。

 

高品質の商品を作成  

どんなに素晴らしい脚本でも、俳優の技術が無ければまた見たいドラマと言えないように、素晴らしいブランドコンセプトがあっても商品が悪いモノであれば、消費者がまた購入したいと思うことはありません。そしてそれはD2Cブランドにおいても同じことが言えます。

出来上がった商品が、ブランドコンセプトに合っている商品なのか、品質に問題はないかなど納得のいくまで改良し続ける努力が求められます。

場合によっては工場探しまで戻ることになるかもしれませんが、D2Cブランドの柱となる部分ですので妥協の無いようにしましょう。

 

集客手法、物流方法を決定 

D2Cブランド立ち上げにおける最後のステップは、商品を購入してもらうための集客方法と商品を届けるための物流方法を決定することです。

商品を認知した瞬間から顧客体験はスタートします。そのためInstagramなどのSNSやコンテンツブログなどを活用し、消費者の日常に馴染むコンテンツを作成し、顧客体験を高めていくことで商品だけでなくブランドとしての価値が高まっていきます。

また、物流で不備が発生してしまうと顧客体験を損なう可能性を考え、場合によっては外注パートナーに任せてしまう選択肢もあります。

D2Cブランドがやらなければいけない点は、最高の顧客体験を届けることであることを常に念頭に置いておきましょう。

D2Cブランド成功事例

D2Cブランドで成功した企業はどのような商品展開を行ったのでしょうか?

国内・海外で成功したD2Cブランドの成功事例をそれぞれ見ていきましょう。

国内のD2Cブランド成功事例

まずは国内で成功したD2Cブランドを3つ紹介します。

 

MEDULLA(メデュラ)

メデュラ

https://medulla.co.jp/

 

MEDULLAは、髪診断やカウンセリングを基に、自分だけのヘアケア商品を定期配送してくれるD2Cブランドです。

髪の悩みは人それぞれ違うため、市販のシャンプーだけでは髪の悩みを解決するのが難しく、妥協する女性は多いと思います。

そんな髪の悩みを抱える女性にとって、自分の髪だけに合わせた商品を提供するMEDULLAは、一躍注目を集めました。

担当するヘアスタイリストのケアサポートも充実しており、髪質が変化した場合でも常に美しい状態をキープしており、ユーザーファーストな顧客体験で成長し続けているD2Cブランドです。

 

SAKE100(サケ ハンドレッド)

サケハンドレッド

https://sake100.com/

 

SAKE100は、日本酒を専門的に取り扱っているD2C食品ブランドです。

日本酒に特化したwebメディア「SAKETIMES」(サケタイムズ)を運営しており、日本酒好きのユーザーに向けた有益な情報発信をベースに、日本酒の定期購入サービスや日本酒ダイニングの経営を行うなど日本酒に特化したブランディング戦略を行っています。

カテゴリーを1つに特化することにより、専門的で独創性のある情報を発信できるため、コアなファンが定着しやすい強みを持てます。その結果自社の商品に興味を持ってもらいやすい環境づくりを整えることが可能です。

 

海外のD2Cブランド成功事例

次に、海外で成功を収めたD2Cブランドを2つ見ていきましょう。

Birdy Grey(バーディーグレイ)

Birdy Grey

https://www.birdygrey.com/

 

Birdy Grey(バーディグレイ)は、ブライズメイド向けのドレスを販売するD2Cブランドです。

ブライズメイドとは、式場選びや花嫁の衣装選び、当日の準備など主役となる花嫁のあらゆるサポートを行う人のことを指し、おおよそ2~5人が付きそうのが一般的です。

日本ではあまり馴染みの無い文化ですが、ヨーロッパやアメリカでは高い認知度があります。しかしそれまで、ブライズメイド向けの衣装ブランドはほぼ存在していませんでした。

競合のいないニッチな産業に特化することで、ブランドとして地位を確立し、ユーザーの心をつかむ戦略は非常にD2C的といえます。

 

Prose(プローズ)

Prose

https://prose.com/

 

Prose(プローズ)は、MEDULLAと同じように、顧客一人一人の髪に合ったシャンプーの提供を行っているD2Cブランドです。

ユーザーへのカウンセリングを通して作成するヘアカルテを基に、自分だけのシャンプーを購入することができるのが特徴です。

日本でもサービスを展開していますが、Proseの拠点であるニューヨークはさまざまな国籍・人種が集まる場所でもあるので、シャンプー制作は難易度が高いといえます。

そんな状態の中で、大衆の中の一人ではなく個人として接する企業姿勢は多くのファンを生み、国籍・人種問わず愛されるD2Cブランドとして成り上がりました。

 

D2Cブランド立ち上げの際の注意点を解説

D2Cブランドを立ち上げる際に注意したい点は、他の商品にはない強みを作ることができるのかという点です。

特にスタートアップとして立ち上げるD2Cブランドは、既に市場に出回っている商品と競合してしまってはネームバリューで負けてしまいますが、大量消費大量生産が行われている現代ではほぼすべての産業で競合と争うことになります。

D2Cブランドの強みである柔軟さを活かして、先行企業が行っていない生産過程や情報を発信したり大手が行いづらい細やかなサポートを行うなど、他にはない顧客体験を提供する土台を整えておきましょう。

まとめ

D2Cブランドは一般的な企業ブランドの立ち上げに比べて参入障壁が低いため、多くのD2Cブランドが立ち上げに成功しています。

そのため、今回紹介したD2Cブランドのほかにも多くの成功事例があり、それに伴った苦悩も多くあります。

D2Cブランドの立ち上げ後、スムーズに成功するためにも多くの企業や競合他社の成功事例などもリサーチを行い、自分達だけの強みを見つけていきましょう。

今回紹介したD2Cブランド以外の成功事例が知りたい方は、こちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。